母の日のプレゼント!子どもと一緒に簡単手作りママ号泣!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



今年もやってくる5月第2日曜日の母の日

プレゼントの定番はやはりカーネーション


でもそれじゃ なんだかぁ あじけないな~

いつも大変お世話になっているお母さんに、子どもたちと
何かプラスのプレゼントが出来ないものでしょうか?



それも手作りで出来ないでしょうか?


「今年こそは、今年こそは・・・」と


考えている悩める全てのパパさんにお贈り致します。




題して 

母の日 プレゼントには手作りを添えて!



ワイフがビックリ喜ぶサプライズプレゼントは無いかな?と

常日頃から考えていた私、猫背ですが。。この度。。なかなか 

いいプレゼントを見つけました!


これからご紹介するスマホ動画メッセージとお絵描き手紙
大変相性がいいです!是非コラボしてみてください!



1.スマホ動画メッセージを贈ろう!



今風ではありますが、小さい我が子からの動画のメッセージは

必ず宝物になります!




今年は母の日のプレゼントに1つ動画メッセージを

プラスして見るのはいかがでしょうか?



ご多忙のパパさんでもこれなら時間とらずに簡単に出来ます。

そして動画レターの威力は絶大です!



スマートフォンの機能が究極に向上した近年、スマホのカメラでとても
高画質なビデオ(動画)が 容易に撮影可能とになりました。
撮影はボタンたった1つで終わってしまいます。



撮った動画もすぐに確認できる快適さとスマホの高性能に

文明の利器の凄さを感じます。



こんな便利なスマホを使わない手はないですよね。



お子さんが小さいと、子供に何かを『してもらう』と言いますのは、
とても大変な事です。


なかなか思い通り動いてくれませんし、集中力も長くは続かない。。



そんな、言う事を聞いてくれない幼稚園児世代のお子さんを

お持ちのパパさん!!動画撮影は大変オススメです。



デジタル映像は色あせない一生の宝物とります。
四季折々の子どもたちの姿、成長を記録してくれます。


将来、奥様から「あの時、動画メッセージ有難う」、

「あの時も可愛かったね」。。と感謝される事間違い無いです。





「動画メッセージ」は母の日のプレゼントだけにあらず

将来夫婦お二人へのコミュニケーション・ツールの1つにもなりますね。





撮り終えた動画は


当日(母の日)、さりげなくLINEで子供たちの動画メッセージを

贈って(送信)完了です! 大変お手軽ですがとてもいいプレゼントになります。




奥様とLINEをしていない方や送信出来ない環境(奥様がガラケー)の

場合は母の日、当日にパパさんのスマホから見せてあげてください。








それではスムーズに撮影が出来るように動画撮影時の心得を
リストアップしました。

題して

動画メッセージマニュアル


  1. 一番大切なのは「光」です。
  2. 公園等の光量が多い場所で撮影してください。
  3. 天気のよい日がオススメです。
  4. 5月まで待たずに時間に余裕をもって早めに撮影しましょう。
  5. 公園など(撮影場所)についたらすぐに撮影開始してください。
  6. 子どもは遊び始めたら撮らせてくれません。
  7. 「ママにいつも有難うって言うね」と子どもに声をかけてからカメラを回す。
  8. 長さは10〜20秒程度の長さに収める。
  9. 尺が長すぎると動画ファイルサイズが重たくなってしまい送る時に困難
  10. 撮影後、すぐに子どもたちに見せる。
  11. 「もう一回撮る?踊ってみたら?」と声をかけると。
  12. 気分がいいと子どもたちはTake2を撮ってくれる。
  13. 案外2回目でいいのが撮れる事ってある。



  14. 3回以上の連続撮影は子どもたちダレますので禁物

    極力2回程度で終わらせ、その後は公園で伸び伸びと一緒にんで下さい。


    「公園についたらすぐに撮影しましょう!」には理由があります。
    帰る間際に撮ろうとすると。。。。


    • 大変嫌がる。遊びたいと叫ぶ
    • 帰宅後にママに話てしまうリスクが大変上がる
    • からです。


是非、公園についたらすぐに撮ってください!




スポンサードサイト:


それでは最後にもう1つ簡単に作れるプラスのプレゼントのご紹介です!

それは

ずばり定番ではありますがお絵描き付きのお手紙!です。
このプレゼントは先ほどのスマホ動画とコラボさせるとGOOD!です。



それではご紹介させて頂きます。

2.お絵描き付きのお手紙


今も昔も子どもからお絵描き付きお手紙を
頂くのは親として大変微笑ましいものです。


そして子どもたちもママにお絵描きプレゼントするのは大好きですので

お願いすれば、よっぽどの事が無い限り快諾してくれるでしょう。


色鉛筆とシールなどで本当に大変興味深い絵を描きますよね
おチビさんたちは。


しかしそんなお絵描きお手紙にも弱点。。デメリットがあります。

それは「お絵描き〜」は描く場所タイミングが大変難しいです。



母の日のプレゼントですからママに見つかってはいけませんし。


ママに見つからないでプレゼントの絵を描くには?!

と考えると

  1. 公園など外で描いてもらう
  2. ママの外出時に描く

この2つしか考えられません。


1.の公園で描くのは大変魅力的なアイデアではありますが公園に行くのに
画用紙、色鉛筆などを持参しないといけないので少々手間がかかります。


また公園ではテーブルの無いベンチだけも多いですので

描く場所が困りますね。

外で描く場所に困ったら



公園で遊んだ後にファミリーレストランに立寄り休憩し、

子どもたちにお手紙を描いて頂くのもGoodアイデアかもしれません。



2.の「ママの外出時に描く」は比較的上手く行きます。ママさんが買い物に行った際に子どもたちとお留守番をすれば簡単です。

お絵描き道具は揃っているでしょうし。


ただし高い確率でママに「お絵描き」プレゼントがバレて
します可能性がありますので注意が必要です。


ママが1人で外出していたので、大変気分がよく帰ってくる事が多いです。

そうするとママは大抵こんな質問を帰宅後第一声で子どもたちにします。


「今日はパパと何していたの?」


子どもたちは、大変素直ですので即答で

「ママへのプレゼントしてたの」と直ぐに話してしまう恐れがあります。

十分に気をつけてください。


それではお絵描きの注意点をリストアップしましたのでご覧ください。

絵の描いてもらう時のマニュアル



  1. 画用紙、色鉛筆、シール等を用意、または携帯する
  2. いつでもチャンスがあったら子どもたちに頼めるように自分のカバンなどに道具を常に入れておりたり、家で描く時用に常日頃から子どもたちとママさんが何処に画用紙等をしまっているか把握しておきましょう。(家で場所が分からない場合はお子さんに聞いて下さい。)

  3. 描いて頂く時には必ず「ママにあげるよ」と子どもたちに言う。
  4. 「ママにあげるよ」の一言が無いと、「パパにあげる」と言う嬉しい誤算が生じる事がありますので、必ず「ママにプレゼントだよ」など「ママ」と言って下さい(経験談)。


  5. 絵手紙が完了したら、子どもに描いた絵の説明を聞く。
  6. 「この絵はなぁ~に?ママかな?」と必ず聞いて下さい。そして子どもの口から飛び出す説明「言葉」を絵に書き込みます。「これがママで〜こっちが飛行機とお花で」などなど。必ず日付も忘れず書いておきましょう。あとお子さんのご年齢もどこかに記載しておいてください。


  7. 絵手紙が終了しましたら後は、子どもと沢山遊ぶ
  8. お手紙を書いたあとに沢山遊ぶ事によって,子どもたちがママにプレゼント!と言ってしまうリスクが軽減できます。楽しく遊んでて絵を描いた事を忘れます。





お絵描きお手紙とスマホ動画のコラボ



今ご説明してきた動画メッセージお絵描きお手紙は実は大変
相性がいいのです!


具体的に何がいいのかと言いますと


子どもたちに描いてもらった絵手紙を動画撮影の中で
ママに有難うメッセージと共に説明して頂く事により
大変クオリティの高い動画メッセージが出来上がります。


動画メッセージ中、このような会話があると大変楽しい動画になってきます。


「ママいつもありがとう」
「見てみて この絵はね〜ぼくが描いたの これがねママでね〜」


などなど とても楽しい動画になりますね〜。



是非お試しください。




まとめ



「母の日 プレゼントに手作りを添えて!」はいかがでしたでしょうか?

お子さんと是非トライしてみてください。


動画メッセージと絵手紙コラボなどが



みなさまの「母の日プレゼント探し」へ 

いい刺激になりましたら光栄です。



なかなか多忙な世界を生きる現代人


仕事や日常の生活に追われ

大切な物を先送りにしてしまう傾向がございますね。



時に私、猫背などは

何の為に働いているのか?

何が大事なのか?

分からなくなりあそうな事があります。



せっかくですから
この「母の日」を通じて猫背は原点に戻り
 
1年に1度ぐらいは自分を見つめ直してみようかなと

秘かに思っております。



手作り!イコール時間がかかる!と思われがちですが



今回ご紹介した「手作り大作戦!」は意外とお手軽に
実行できますので是非お子様たちとトライしてみてください!



完璧じゃなくていいのです。。
失敗や間違えちゃった動画も大変面白い物ですし。


大切なのは気持ち。。作ろうと言う心意気ですので。



今年の「母の日」は是非! お子さんと一緒に

プレゼントに添える手作りプレゼント

「思い出作り」をしてみてくださいね!




最後までお読み頂きありがとうございました。

裏町猫背(ウラマチネコゼ)
 

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

profile

こんにちは裏町猫背(ウラマチネコゼ)です。毎日の隙間に見つけた[最近気になる話]を独断と偏見、そして猫背カラーでお届けいたします。

こちらからも探せます

iPhone (1)
Vプリカ (4)
スポーツ (2)
マイホーム (4)
ランキング (2)
レジャー (2)
今さら聞けないっしょ (1)
北海道 (1)
地球 (5)
宇宙 (2)
日本のイベント (1)
生活 (25)
節句 (4)

WP Cumulus Flash tag cloud by Roy Tanck requires Flash Player 9 or better.

このページの先頭へ