PM2.5とは?その影響と対策をわかりやすく

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PM2.5が近年、隣国中国で大量発生し世界的レベルで

重大な環境問題へと発展しております。



PM2.5とは?そもそもいったいなのでしょうか?
どのような影響があり、その対策方法とはいかに?!


わかりやすく簡単にご説明します。




PM2.5@北京
PM2.5の北京風景
写真元:GIZMODE




PM2.5ってなんだろう?



PM2.5とはいったい何の略なのでしょうか?

江頭2:50分の略じゃないですよね!と。。くだらない
冗談はさて置き




PMと言うと「何時?時間?」と連想しがちですが


これは英語でPARTICULATE MATTER
(パーティキュレイト・マター)と言う単語の
頭文字から来ている言葉です。




直訳して「微粒子・問題」と言う意味があり


より噛み砕くと



ちいさい粒の問題」となります。



これを科学的表現に訳して




日本では、
とっても小さな物質の総称としてPM2.5=「微小粒子状物質

(ビショウリュウシジョウブッシツ)と言います。



PM2.5の大きさは?



PM2.5が微小粒子状物質と言うのは解ったけれども
その大きさは?


2.5μm(マイクロメートル)2.5mmの1000分の1です。



これは微粒子を球体と考えた場合に、その物質の直径の大きさにあたります。



表をご覧下さい。
PM2.5の大きさ
クリックすると拡大されます。



PM2.5を比較するときに比較対象となるのが
髪の毛」の大きさです。


髪の毛が直径80〜100μmと言われ、お馴染みスギの花粉などが

30〜40μmと言われております。

PM2.5は更に小さい直径2.5μm以下です。




身近にある「髪の毛」と比較する事で解りやすいですね。

PM2.5がどれだけ小さいかイメージがついて頂けたと思います。




表はイラストレーターで作りましたのでほぼ比率はあっております。




それでは
PM2.5の大きさが解った所で、これってどんな物質なのでしょうか?

引き続き次の章をお読み下さい。

スポンサードサイト:


PM2.5ってどんな物質?


PM2.5は前の章でお話した通り、直径2.5μm(マイクロメートル)以下の
全ての微小粒子状物質の総称との事ですが、
それはいったい具体的にどのような物質なのでしょうか?


一種類なのでしょうか?それとも沢山種類があるのでしょうか?


答えは数千種類です。


現在、PM2.5に分類される物質は数千種類以上あります。




それらは
自然界に元々あるものから、人工的に作られたもの、

また人工的に作られたもの同士などが混ざり合い化学反応して

新しく生まれた物などがあります。



どんな物たちなのか、どこから来るのか例をあげると
  • 車の排ガス
  • 工場の排ガス
  • 石炭の煙の中にある黒い物質
  • 煙草の煙の中にもPM2.5があります。
  • 工場などの鉱物粉塵

  • 化学反応で生まれた光化学スモッグ
などなど様々です。



光化学スモッグも?!と
思われた方も多いのではなでしょうか。

近年は環境が改善され耳にする事は減ったような気がしますが、
猫背の子供時代にはよく夏場の暑い日に耳にしたものです。



PM2.5は実は1970年以降から問題視されるようになってきた
古くそして新しい問題なのです。


光化学スモッグ
光化学スモッグは自動車の排ガスなどの燃焼から発生する窒素酸化物(NOx)が工場などから排出される揮発性有機化合(キハツセイユウキカゴウブツ)(VOC)が太陽の紫外線で光化学反応を起こし生まれる光化学オキシダントが空に停滞する現象をいいます。「スモッグ」はSMOKE(煙)とFOG(霧)を合わせた意味の言葉です。




PM2.5の濃度って?




PM2.5の濃度とは?

テレビをヒネルとよく聞こえてきますが


これは1立方メートルの空気のキューブの中に含まれる
粒子の重さ(量)を意味しております。


升目にいくつ微粒子状物質が入っているかで

濃度と言う数値を表しています。


単位はμg/m3 マイクログラム・リッポーメートルです。

PM2.5濃度
日本の1年間の平均濃度は@15μg/m3で

1日の平均μg/m3は35μg/m3以下にするように2009年 環境省より
環境基本法第16条第1項にて環境基準」として定めております。



ちなみにWHO(世界保険機構)の1年間平均は10μg/m3、
1日の平均は25μg/m3と定められております。


そして中国北京で測定されたPM2.5の1日の濃度はなんと
505μg/m3と言われております。

なんとWHOの基準の20倍以上!!!


PM2.5の影響って?


人体への影響は



PM2.5は大変小さな微粒子です。それらを吸引すると肺に溜まり
肺血栓や肺癌を誘発すると危惧されております。

呼吸器や循環器の病気を非常に引き起こす可能性があると言えるでしょう。


メディアの放送ベースですが隣国中国では8,000人以上の方が近年
空気汚染PM2.5が原因で他界されてしまったそうです。


食べ物に付着したPM2.5はどうなんだろう?


PM2.5は病原菌とは違い繁殖するような物ではありませんので
PM2.5が付着した食べ物であっても、しっかり洗浄し洗い流せば、

食して体内に入った場合であっても そこまで心配する必要はないです。




環境・自然への影響



PM2.5の濃度が著しく上がってしまった場合、考えられるのは
植物への影響から起きる食料不足および急速な寒冷化です。


濃度が濃すぎてスモッグになり、日光が遮断されますので
植物は光合成ができなくなってしまいます。


また日光が地表に届きにくくなりますので

急速な寒冷化が進みます。



そして地表が冷たいとPM2.5などのスモッグは

その場所に停滞します。



PM2.5からの対策方法は!



自分の身は自分で守るしかない!


隣国で起きているPM2.5 の異常発生の原因として考えられるのが

  1. 急激に増えた車等の排気ガス
  2. 暖房での排ガス
  3. 工場から出る排ガス
以上3つが大きな原因として考えれています。



時期的に考えて毎年3月〜5月はとてもPM2.5が中国で増えます。


最近ではテレビ、ラジオ,ネットなどでもPM2.5の予報の情報が
簡単に手に入りますので

対策としてはPM2.5が多い日は
  • 外出を控える
  • どうしても外出の場合はマスクをする
  • 室内の換気は最低限にする
など徹底して行って下さい。


またダイキンなどのPM2.5対応とある空気清浄機

購入するのも対策としていいと思います。

先日下見しましたが大体5万円前後でした。
補助金が欲しい所ですね。



常に意識をして

自分の身はご自分で守るよう努力することが大切です。





まとめ



「PM2.5〜」はいかがでしたでしょうか?

PM2.5の正体、影響と対策を知っていただけましたでしょうか?


PM2.5とは?影響・対策は?
・髪の毛よりも花粉よりも とっても小さい粒子の総称である(有害もあり・無害もある)
・有害なPM2.5は人体や環境へ影響がある。
・外出を控えたりマスクをするこによって影響を軽減できる。


より良いハッピーライフを過ごす為に人は だれでも

健康でいたいものです。


PM2.5に対してのしっかりした知識をみにつけ
十分な対策を心がけたいものです。


最後までお読みくださいまして有難うございます。
裏町猫背(ウラマチネコゼ)でした。


PS
猫背は子供にPM2.5は「汚い空気」と説明しております。もう少し大きくなったら
今回学んだお話を聞かせたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

profile

こんにちは裏町猫背(ウラマチネコゼ)です。毎日の隙間に見つけた[最近気になる話]を独断と偏見、そして猫背カラーでお届けいたします。

こちらからも探せます

iPhone (1)
Vプリカ (4)
スポーツ (2)
マイホーム (4)
ランキング (2)
レジャー (2)
今さら聞けないっしょ (1)
北海道 (1)
地球 (5)
宇宙 (2)
日本のイベント (1)
生活 (25)
節句 (4)

WP Cumulus Flash tag cloud by Roy Tanck requires Flash Player 9 or better.

このページの先頭へ