端午の節句の由来?菖蒲湯は何故はいる? 

スポンサードリンク

スポンサードリンク


5月5日は端午の節句です。

江戸時代より5月5日は男子の健やかな成長を祈願し、
兜や鎧をかざったり鯉のぼりを飾る風習が日本にはあります。


そして菖蒲湯(しょうぶゆ)と言う薫りが強い葉っぱが入ったお風呂に
子供たちを入れ、粽(ちまき)や柏餅を食べたりします。

鯉のぼりを飾る理由は前回リサーチしましたが
なぜ菖蒲湯に入ったり、粽や柏餅を食べるのでしょう。

これらにも深い理由があるそうです。



ちまき 柏餅を食べる訳?


男の子の初節句に食べるといされている「ちまき」、何故に粽(ちまき)を

たべるのでしょうか?


ルーツは中国だとされております。



昔むかし、中国に屈原(クツゲン)と言う詩人が王に遣えておりました。

屈原は平和をとても愛し、国民よりもとても支持があったそうです。

しかしそれを妬んだ人々の陰謀により屈原は失脚、5月5日

川に身を投げて命を絶ってしまったそうです。




国民たちは屈原の死を大変悲しみ、川に沈んでしまった屈原が魚や竜に

食べられないように太鼓を小舟の上から叩いたり、

竜が嫌いとされる「」に餅米を包んだ食べ物を

屈原に届ける為に投げたとされております。



それが転じて、災いを除ける風習として中国に広まったそうです。



そして時は経ち、平安時代にその習わしが日本に伝わりました。


スポンサードサイト:

粽から柏餅へ


平安時代に伝わった5月5日の粽の風習が江戸時代となり江戸の方では

柏餅へと変わって行ったそうです。


柏餅の「」は元来日本では神聖な「葉っぱ」とされておりました。

その理由は新芽が出るまで古い葉が落ちないからです。

「後が絶えない」→「子孫繁栄」と言う意味が込められるようになったそうです。


そして江戸時代端午の節句に食するのは、江戸の方では(東)粽から柏餅へと変わったそうです。

西の方(京都・大阪)はと言いますと伝統を重んじてなのか「粽」を食する風習が残ったそうです。


結果、東と西日本では端午の節句に「粽」を食べるか「柏餅」を食べるか別れるようになったとか。
また東と西の融合か、一部家庭では男の子の初節句には粽を、2年目以降は柏餅を与える家系もあるそうです。


写真元:京都野田屋

菖蒲湯に何故つかるの?


端午の節句には菖蒲湯(しょうぶゆ)につかるとよく言いますが、
それはいったい何故でしょうか?


江戸時代まで遡ります。


江戸時代、武家が子供の成長を望んで、武道、武勇を重んじると言う意味の尚武(しょうぶ)に菖蒲(しょうぶ)をかけて

子供たちを菖蒲湯にいれる習慣となったそうです。


菖蒲は元々薬草とされており、根の部分にアザロンやオイゲノールと言った精油成分が含まれており

血行促進や保湿効果の薬効があるそうです。


本当に菖蒲湯に薬効があるのも風習・習慣になった理由かもしれませんね。

端午の節句の過ごし方


端午の節句。。調べてみると面白いものですね。

子供の出世を願い鯉のぼりを上げ
子供の健康、武勇を祈って菖蒲湯にいれ柏餅を一緒に食べる。


今年は子供たちに意味を説明しながら
端午の節句を過ごしたいと思います。

スポンサードリンク

One Response to “端午の節句の由来?菖蒲湯は何故はいる? ”

  1. […] た「鯉」は男の子の出世と健康を願うのにピッタリですね。 端午の節句の記事も書きましたよろしかったら覗いてください。 裏町猫背(ウラマチネコゼ)でした。 お口直しに 鯉の […]

コメントを残す

サブコンテンツ

profile

こんにちは裏町猫背(ウラマチネコゼ)です。毎日の隙間に見つけた[最近気になる話]を独断と偏見、そして猫背カラーでお届けいたします。

こちらからも探せます

iPhone (1)
Vプリカ (4)
スポーツ (2)
マイホーム (4)
ランキング (2)
レジャー (2)
今さら聞けないっしょ (1)
北海道 (1)
地球 (5)
宇宙 (2)
日本のイベント (1)
生活 (25)
節句 (4)

WP Cumulus Flash tag cloud by Roy Tanck requires Flash Player 9 or better.

このページの先頭へ